「あなたの人生の舵取り」お手伝いします

独立FPがあなたの夢の実現に向けての 自立をサポート!会社員から独立FPになった50代子持ちの筆者が日常感じていること、伝えたいことをお送りします

プライベート

きっと一生現役 〜プロフェッショナルな職業・海女さん〜

昨日の夜11時ごろたまたま観た5分間ほどのテレビ番組。

確か静岡県の伊豆(?)でまだ現役で海女さんをしている
60代・70代の女性を紹介していた。

そのなかでは若手といわれているという、
確か67歳の方のお宅に伺ってインタビューをしていた。

「子供3人大学入れて、家も建てたし、結構稼いだよ。」

そう答えながら夕食の支度をし、
その日採ったサザエのお刺身を食べて
「これを一口食べると疲れが吹っ飛ぶよ。」と
だんなさんとおいしそうに晩酌をする
そのお顔は色つやもよく、輝いていた。

67歳・75歳・72歳と皆さんそうそうたる年齢だが、
どう見てもその年齢には到底見えない。

仕事がら、健康であるということもあるのだろう。
でもそれだけじゃない。 

なんなんだろう、やっぱり自分の生計を自分で立てて
いる自信なのかな、仲間がいる楽しさなのかな、
経済的な自由があるからかな?

いや、きっと自分が海に潜ってサザエを採ってそれが
お金になる、というそのこと自体が面白いんだろうな。

あるいは、自分にはこの仕事が天職!
と思えることの幸福が顔に出ているのかな。
仕事があることの幸福ってことかな。

3時間も海に潜り、仕事を終えて
ウエットスーツを着たまま採ったサザエを運ぶ姿は、
心なしかウエストのくびれもあるような、
女性の目から見てもなんだか生命力にあふれ、
なまめかしいほどの女っぷりです。 

これぞ究極の自営業。

体ひとつで稼ぐフリーランサー。

その日の売り上げは6万円! すごいっ! かっこいい!
美しいぜ・・・働く女。
 
憧れちゃいます。 私みたいにワーキングプアーじゃないぞ。
でもそりゃそうだよね。 彼女達は16の頃から
海女さんをやっている、と言っていました。
キャリアがちがう・・・。
う〜めげるな、今は前進あるのみだ (心の叫び)

自分の技術で一生稼ぎ続ける、それも健康な体で、かつ美しく。
ある意味私にとって女性としての理想形だ、と思った。

その方の次の言葉が心に残りました。

「こうして欲かいて骨折って人間終わっていくんだよ。」

めざせ! FP界の海女さん!

ポケモンスタンプラリー

JRの駅でポスターを見かけてなつかしくなりました。

20090727142130


ポケモンスタンプラリー
JRの夏休み恒例のイベントです。

今は小4の息子が、小1・小2の頃にやりました。
仕事の合間を縫いなので、せいぜい2日間くらいなのですが。

息子は前日から目を輝かせ、集めたいポケモンのキャラクター
が載ったスタンプラリー専用の沿線地図を見ながら、
絶対集めたいキャラクターのスタンプのある駅に印をつけ、
計画を立てていました。

実際1日に20駅以上(?確か)降りて押していくという
結構な強行軍でした。

暑いなか、ひたすら電車に乗り、駅を降りて改札口
でスタンプを押していくという、大人から見ると正直
「何が面白いんだろう。。。」というイベントなのですが、
当時の彼は大喜びなのでした。

1日で神奈川県から千葉の果てのほうまで行ったりして
夕方ぎりぎりの時間まで子どもは疲れ知らずです。

駅のホームにも真夏の太陽が降り注ぎ、
私は夕方にもなると、もうへとへとで、駅に降りても
「もうお母さん走れないから、ここで待ってるから、
1人で改札まで行って押しといで。」という始末。

時間を過ぎると押せなくなるので、子どもは駅員に
「そこの走ってる子ー、
危ないですから構内を走らないようにー。」
とアナウンスされながらもスタンプをゲット。

スタンプ帳にたまったポケモンのキャラクターの数々、
大人からすると「それがどうした。」
という世界なのですが、子どもはそれを眺めて満足気でした。

あれから2年。
ふと気づくともうそんなことには興味のなくなった
小4になった息子。

そのときはヒーヒー言いながらも、子どもの喜ぶ顔が見たくて
付き合っていたのですが、駅でポスターを見かけ、
よみがえってきたのは、

駅でスタンプのある改札口を探しながら、
このポスターを見つけて親子で「こっちだ!」と笑ったり、

お昼を食べに入ったおそばやさんでおいしそうに
ざるそばを食べていた小1の頃の顔や、

ラーメン屋さんで店員さんに親切にされて、
私にヒソヒソ話で「あのひと、親切だね。」
と照れくさそうに言っていた小2の頃の顔や、
改札に向かって猛ダッシュしていた後姿です。

きっとあと何年もすれば、喜んで親と出かけることも
なくなってくるんだな、と思った瞬間、なんだか、
大切なものが手からこぼれて落ちてしまったような
何かとても大事な忘れ物をしてしまったような
気持ちになりました。

あのとき、仕事を調整しても2日間が限度だったけど、
「ねえ、あともう1日まわれない?」と言っていたっけ。

こんなにかけがえのない思い出になるのなら
もう1日無理しても時間作れなかったかなあ・・・なんて。

後悔することがひとつもない子育てなんてないんだろうけど、
それにしても親ってせつないもんだよね。

もうあと何年かしかないのなら、
今この瞬間を大切にするしかないよね、
どうしたって、きっと子どもが巣立っていってしまったら
寂しいことに変わりないんだろうから。

踊ったあとだからおいしいのか、その店のビールがおいしいのか?

先日ジャズダンスを習っている先生が所属している、
チームが主催するイベントで、レッスンを受けてきました。

春のイベント、ちょい不良熟女ダンサーズによる
「マンマ・ミーア」に続く第二弾、
扇子を持って、踊る、踊る、「お江戸ぽるか」
小道具を持って踊るのは慣れてないので

汗びっしょりの3時間
楽しかったー
いつかは先生みたいに踊りたいよー

帰りにランチを食べた生パスタの店での
生ビールがおいしすぎる!!

一緒に参加したメンバーと
「なぜこんなにおいしいのか?」
話し合いました。

1.踊ったあとだから
2.グラスもばっちり冷えているから
3.ここのビールが特別おいしい(アサヒの樽生だったかな?)

どれが本当の理由なのかを
真剣に話し合いをした結果、
「多分全部だよねー。」
という結論になり、昼なのに、そのあとも飲み放題の勢いで
(実際は違います)飲んでしまいました。

昼酒って効くんだよね、そのあとねむーくなってしまう。


「このために(レッスンに)来てるんだ」
と言っていた方がいましたよ・・・。

先生には内緒だそうです。

続きを読む

観てきました〜LADY SALSA〜

ゆうべオーチャードホールで、観てきましたLADY SALSA

よかった〜です

どうしても好みのダンサーをじーっと見てしまいます。
(やっぱり、きれいな女性ダンサーを見てしまいますね。
男性のダンサーごめんなさい。 やっぱり女性はその存在
そのものが美しいですよね。)

今回気になったダンサーはふたり。
(プログラム買ってないので名前がわからない。)

1人は黒髪で髪が長く背の高い、情熱的なダンスが印象的なセクシーなひと。
割りと隅で踊っていることが多かったのですが
彼女の大ファンになってしまいました。

なぜそのひとに釘付けになるのか、自己分析してみたのですが・・・

☆なによりも楽しんで踊っている(ダンスを愛している)
☆顔が好き(絶世の美女かどうか、よりも人間的な魅力が滲み出ている顔、
というか、愛情が溢れているというか、一言で言うと表情が豊か。)
☆健康的なBODYが魅力的!
(不思議とモデルのようにほっそーい人よりも、
バランスよく必要なところにはきちんとボリュームがあり
全体のラインがきれいなボディラインのダンサーに惹かれてしまいます。)

もうひとりはセンターで踊っていた、やはり黒髪で顔立ちも
とても華やかで、比較的小柄な、とってもダンスが上手な女性。 
ダンスの基礎がきっちりしているのがわかりました。
魅せ方もとっても上手でした。

後ろのほうの席で、オペラグラスで追っていると、
どうしても視界に入るひとが限られてきて・・・。
全体の感じももっと楽しみたかったですが。

あ〜でも、ちけっとぴあで数ヶ月も前に情報が
入ってくると、ダンス好きの私はついついチケット買ってしまいます。

今年はもうめいっぱいおこずかい前借りして買っているから
ここから先は数ヶ月返済の日々だ・・・。

う〜ん、もう今年は観にいくのはおしまい!!
(と必死に自分に言い聞かせている。)

Still Gold = 愛し続けること、輝き続けること

かれこれ20数年(?)コンサートに通い続けている、
アーティストとしてのそのボーカルに酔わされ続け、
かつ、私の憧れの男性であり続けている
マーチン、こと鈴木雅之のコンサートツアー
〜 Masayuki Suzuki taste of martini tour 2009 〜 Still Gold
渋谷C.C.Lemonホールでのファイナルに行ってきました。

2年ぶりにステージの上のマーチンを見た瞬間
「マーチンがいてくれて、そして現役のボーカリストで
いてくれて、またコンサートしてくれて、そして私もこの
瞬間生きていて、そして元気にまたコンサートに来ることが
できたから、また会えた!」ことに、なんだか素直に
「ありがとう!」と神様に感謝したい気持ちでした。

つい最近のマイケル・ジャクソンの50歳での死もあり、
この瞬間、マーチンと同じ時代を生きていられること、
マーチンが元気で、"ラヴソングの匠"として、
そのベルベットのような歌声を聴かせてくれること、
私はなんてしあわせなんだろう・・・。

アルバムタイトルでもある"Still Gold"の名の通り、
マーチンのボーカルはさらに艶を増し、円熟味をおび、
特に高音の伸びは、確実に年々進化しているのでは!?
恐るべし! ラヴソングの匠!

特に今回のアルバムの5曲目の「ひとつだけ」が私は好きです。

今回のコンサートでもたっぷりと3時間しびれさせて頂きました。
中盤での「さよならいとしのBaby Blues」では
なんだかひたりたくて、目を閉じて聴いていたら
・・思わず泣けてきました。

あ〜!マーチンの声ってずっと聴いていたくなります、ほんと。

でも、マーチンもステージの上から言ってたけど、
”決して若い人ばかりって訳じゃない”、いい歳した大人達が
こんなに盛り上がってファンキーなのって素敵だよね。
ま、私もひとのことは言えないが、60代(?)と見られる
おばさまがおしりを振りながらノリノリで踊っているのを
うしろから見たりすると、ほんと微笑ましかったですよ。

最後にマーチンの言葉を借ります。

いくつになってもファンキーでいられること

よし! 私のこれからのテーマに決定!
いくつになってもファンキーな女でいるぞ!

色っぽくて男前?

月末の夜の月1回の(株)住まいと保険と資産管理での
勉強会のあとの懇親会でのこと。

私はどうやらビールを男らしく(?)飲んでいたようで、
川崎で独立FPをされているM氏に
「いやー。 ビールを飲む姿がかっこいいですね。」
と指摘されてしまいました。
(実はおやじなのがばれてしまった!)

それを聞いた、女性FPでスタッフでもあるKさんが、
私につけてくれたキャッチフレーズが

うん。 照井さんて「色っぽくて男前」だよね!

実はおやじだったことがばれてしまったけど、
なんか、妙に嬉しかったので採用させて頂きま〜す。

ちなみに、「男前で色っぽい」だとちょっとあぶないよね〜
という話になったので順番が逆でよかったです。

この、ズバッとキャッチフレーズを言い切る、
この日「帰って提案書作んないといけないからー!
1杯だけだよー!」と言っていたのに気づいたら
2杯目を頼んでいて私に突っ込まれたKさんは、
どうやら私を褒め殺して(株)住まいと保険と資産管理の
ネパール支店を作り、そこに飛ばしたあと、
タンザニア支店に飛ばそうと計画している模様です。


息子からの誕生日プレゼント、後日談

今月母の誕生日にポッキーを贈ってくれた
9歳の息子に、当日のコンビニでの
プレゼント選びの模様をインタビューした。

私:「結構時間かかってたよね。選ぶの大変だったの?」

息子: 「お花を買おうかと思ったんだけどさ〜、
お花屋さん遠いしさー、200円くらいしか
持ってなかったからコンビニに行ったんだ。

いい匂いのする香水みたいなのがあったんだけど、
500円くらいするから買えなかったんだ。
口紅もあったけど買えないから、

本も見たんだけどさー、お母さんが好きそうな本なかったしね。

今度はお酒が置いてあるところへ行ってみたけど、
お母さんがいつも飲んでるのと同じようなの買っても
しょうがないかなーと思ってさー。」

コンビニのなかで小学生がお酒選んでる図っていったい・・・・。

「だからもう200円で買えるのは
お菓子くらいしかないからね、だからポッキーにした。」

そうです。

母が好きそうなものから順番に

お花
 ↓
化粧品
 ↓
 本
 ↓
 酒
 ↓
お菓子

という順に見ていったようですね。


君が200円を握りしめて、
コンビニで一生懸命プレゼントを選んでいる、
かわいい姿を想像できただけで、この150円
(レシートがテーブルにしっかり置いてあった)
のポッキーは、お母さんにとっては
100万円のダイヤモンドよりも嬉しいよ。


いつか息子の愚行に母が泣く日が来たとしても、
こんなに嬉しいことがあったんだから、おつりがくるよね。

9歳の息子からの誕生日プレゼント

先日の私の誕生日の出来事。

午後夫と2人で買い物に出かけた息子。

帰り道、夫に「ちょっと行ってくる。」
と言い残し、所持金二百数十円を手にして、
近所のコンビニに立ち寄った彼。

20分ほど経ち、帰って来ないので、
「何買いに行ったのかな?
お菓子か、プロ野球カードか?
それとも買おうとしたものが
お金が足りず買えないのか?・・・
それって、息子よ、算数大丈夫か?」

などと考えながら、

「あと15分経っても帰って来なかったら
念のためコンビニまで
見に行ったほうがいいかなあ。」

と思っていたところへ、帰宅した息子。

「お母さん誕生日だから。」
と手渡してくれたプレゼントは・・・


ポッキー


ポッキーでした。


大事に食べます!

それでも生きていかなくっちゃ

年が明けて、すでに2回ジャズダンスのレッスンに行きました。

 

父の死を知って数日しか経っていなかったので、無理かなあ・・・

とも思いましたが、かえって何かをしていたほうがいいような気もして。

 

やはり、脈絡なく涙が出てくるので、ストレッチをしながら

涙がこぼれそうになったり、振りが全然体に入ってこないとか、

(あ、それはいつもか)

ま、ちょっと使い物にならない感はありましたが。

 

反面、レッスンの前半のストレッチでは、

自分の体と対話しながら行うため、

なんか自分で自分を慰めてあげてるというか、

よくリフレクソロジーやエステなどで、

人の手でマッサージされて癒される、とかあると思うんですが、

「きょうはちょっと弱っているね、よしよし。」

と自分の体をさすってあげながら、

いいこいいこしてあげる、みたいな。

そんな効果もあるような気がしました。

父の死

大晦日に父の死を知りました。

 

両親は私が小2のときに離婚しており、

それからは母と私2人で生きてきました。

父とは、確かもう25年以上も会っていなかったと思います。

 

連絡がきたときは、

父が亡くなってから1週間以上経っていました。

すでに遺骨になっているとのことでした。

 

父が亡くなった日、

私は何も知らずに元気に仕事をしていました。

 

そして何も知らずに家族とクリスマスを祝っていました。

 

今はまだ心の整理がついたとは言えませんが、

1週間経ち、少しは落ち着きました。

 

離れていたぶん、

気持ちの整理にはその分時間がかかりそうです。

Profile
  • ライブドアブログ