朝の7時から1日中少年野球に明け暮れていたせいか、
いつもなら寝る時間になってもまだテレビを観ていたい
小5の息子は、ゆうべは9時にはバタンキュー。

明け方近くなのか、私の眠りが浅くなっていたのか、
もうろとする意識のなか、聞こえてきたのは
息子のゲラゲラと笑う声。

バカ受けしてるよ・・・・。
大爆笑がしばらく続く・・・。
よっぽど楽しい夢をみていたらしい。

そのとき私がみていた夢は、
待ち合わせの場所に向かって街を歩いているのだけど、
ちっとも足が思うように動いてくれない。

携帯で連絡をとっているのだけど、
全然足が前に進まないし、どうやら歩いている道も
間違っているみたいで。

あせってるからか、注意が散漫だったのか、
気が付いたら、誰かに携帯を盗まれ、
なかの情報が記憶されたメモリーも抜き取られ、
そのかわりに自分の携帯と同じ機種の別の携帯
(もう使えないもの)とすりかえられていた、
という夢でした。

あー、ちょっと疲れ気味。