肌で感じる将来への不安


日々個人の方お金に関する相談にのっています。

かつての高度成長期の日本では、
会社は終身雇用でお給料は右肩上がり、
お父さんは真面目に働いていさえすれば、
程度の差はあれ、お給料は毎年上がっていき、
マイホームも手に入れることができ、
つつがなく定年まで勤め上げれば、退職金を受け取れ、
年金で比較的余裕のある生活をしていけた時代もありました。

つづきはこちら
オールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき