「あなたの人生の舵取り」お手伝いします

独立FPがあなたの夢の実現に向けての 自立をサポート!会社員から独立FPになった50代子持ちの筆者が日常感じていること、伝えたいことをお送りします

2008年11月

息子からの誕生日プレゼント、後日談

今月母の誕生日にポッキーを贈ってくれた
9歳の息子に、当日のコンビニでの
プレゼント選びの模様をインタビューした。

私:「結構時間かかってたよね。選ぶの大変だったの?」

息子: 「お花を買おうかと思ったんだけどさ〜、
お花屋さん遠いしさー、200円くらいしか
持ってなかったからコンビニに行ったんだ。

いい匂いのする香水みたいなのがあったんだけど、
500円くらいするから買えなかったんだ。
口紅もあったけど買えないから、

本も見たんだけどさー、お母さんが好きそうな本なかったしね。

今度はお酒が置いてあるところへ行ってみたけど、
お母さんがいつも飲んでるのと同じようなの買っても
しょうがないかなーと思ってさー。」

コンビニのなかで小学生がお酒選んでる図っていったい・・・・。

「だからもう200円で買えるのは
お菓子くらいしかないからね、だからポッキーにした。」

そうです。

母が好きそうなものから順番に

お花
 ↓
化粧品
 ↓
 本
 ↓
 酒
 ↓
お菓子

という順に見ていったようですね。


君が200円を握りしめて、
コンビニで一生懸命プレゼントを選んでいる、
かわいい姿を想像できただけで、この150円
(レシートがテーブルにしっかり置いてあった)
のポッキーは、お母さんにとっては
100万円のダイヤモンドよりも嬉しいよ。


いつか息子の愚行に母が泣く日が来たとしても、
こんなに嬉しいことがあったんだから、おつりがくるよね。

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(7)

収入の多い少ないは関係ないのかも


ご自分でできる人は、時間や労力をかけても
ご自分でやる方法もあります。

そのためには、長期的なプランを作成するとなれば、
今後の物価の上昇率や方向性、・・・
つづきはこちらオールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(6)

将来の収入のシミュレーション、芸能人の場合は?


小室夫妻の場合、仮に哲哉氏は金銭感覚が
麻痺していたとすると、パートナーであるKEIKOさんは
その経済事情をどこまで把握していたのか、
あるいは全く把握していなかったのか・・・つづきはこちら
オールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(5)

どちらにも危機感がなかった?


おそらく、小室夫妻の場合、数年前に
このライフプラン・シミュレーションをしていたら、
収入の金額も莫大だけれど、支出はそれ以上のペース
だったわけですから、数年後に赤字に転落するということは・・・
つづきはこちら
オールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき

9歳の息子からの誕生日プレゼント

先日の私の誕生日の出来事。

午後夫と2人で買い物に出かけた息子。

帰り道、夫に「ちょっと行ってくる。」
と言い残し、所持金二百数十円を手にして、
近所のコンビニに立ち寄った彼。

20分ほど経ち、帰って来ないので、
「何買いに行ったのかな?
お菓子か、プロ野球カードか?
それとも買おうとしたものが
お金が足りず買えないのか?・・・
それって、息子よ、算数大丈夫か?」

などと考えながら、

「あと15分経っても帰って来なかったら
念のためコンビニまで
見に行ったほうがいいかなあ。」

と思っていたところへ、帰宅した息子。

「お母さん誕生日だから。」
と手渡してくれたプレゼントは・・・


ポッキー


ポッキーでした。


大事に食べます!

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(4)

ライフプラン・シミュレーション、小室夫妻の場合は?

ライフプラン・シミュレーションをすると、
今後40年間の収支を目で確かめることができます。

FPの行うライフプラン・シミュレーションの目的は、
その方が思った通りの人生が送れるように、お金の面での
総合的なアドバイスをすることにありますので、
その方の価値観なども伺っていかないと・・・
つづきはこちらオールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(3)

肌で感じる将来への不安


日々個人の方お金に関する相談にのっています。

かつての高度成長期の日本では、
会社は終身雇用でお給料は右肩上がり、
お父さんは真面目に働いていさえすれば、
程度の差はあれ、お給料は毎年上がっていき、
マイホームも手に入れることができ、
つつがなく定年まで勤め上げれば、退職金を受け取れ、
年金で比較的余裕のある生活をしていけた時代もありました。

つづきはこちら
オールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(2)

最低限の金融リテラシー


巨額の富を得ながら、半年分の家賃を滞納していたということは、
小室哲哉氏自身も、そして奥様のKEIKOさんも、
厳しい言い方をすれば、「最低限の金融リテラシー」、

つまり、

「金融」(自分達が生きていくためのお金のこと)に関して
「リテラシー」(言語の読み書きができる能力)

が不足していた、と言わざるをえないと思います。

続きはこちら
オールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき

小室哲哉氏逮捕で考える金融リテラシーの大切さ(1)

100億円を10年で使い切る!?


著作権譲渡を持ちかけ5億円を詐取の疑いで
4日に逮捕された小室哲哉氏。

昨日駆け抜けたニュースにまず驚いたが、
耳を疑ったのは100億円を10年で使い切っていた、
月の生活費が800万円・・・など。
100億円って10年で使いきれるものなんだ・・・
スケールの大きな話にただただ唖然。

つづきはこちら
オールアバウトプロファイル、コラム、FP照井のつぶやき
Profile
  • ライブドアブログ