「あなたの人生の舵取り」お手伝いします

独立FPがあなたの夢の実現に向けての 自立をサポート!会社員から独立FPになった50代子持ちの筆者が日常感じていること、伝えたいことをお送りします

2005年05月

母の日

きょうは母の日。

遠方に住む義母への今年のプレゼントはプリザーブドフラワー。

生花を特殊に加工して3から5年楽しめるようにしたもの。

写真で見て気に入って送ったのだが、

「きれいだよー」と大好評。

手入れはどうするのかと思っていたが、

同封されていた説明書によると、ドライヤーの弱風で

ほこりなどをはらえばいいらしい。

ものぐさな私にはぴったりかも。

 

インターネットで扱っている店をチェックしていたら、

素敵なアレンジがたくさんあった。 

自宅事務所にいつか飾れるように頑張ろうっと。

 

と、そこへ近所に住む実の母から電話、

「きょうは母の日だねえ。」

あ〜いけない!母には渡すの忘れてた!

ありがとう!ミーちゃんケイちゃん!

そう。何を隠そう私はもろピンクレディー世代です。

ヒット曲の振付は全部体が覚えているのです。

そのピンクレディーが解散から25年

(この月日に改めてびっくり、そして自分でもぞっとしてしまいます)

経って再結成され、2年間コンサートツアーを行ってきました。

 

そのツアーも5月27日を最後に幕を降ろします。

私自身はこの2年間のツアーを4回(ver.1-1回、Ver.2-1回、Ver.3-2回)

観にいきましたが、5月3日の町田市民会館でのコンサートが

私にって最後のピンクレディーコンサートとなりました。

 

30代、40代の女10人がおそろいのピンク色のTシャツに

スパンコールのチョーカーとブレスレットをはめ踊り狂う姿は

ピンクレディーのファンでない方にはちょっと怖い光景だったかもしれません。

 

でも幕が開いた瞬間からそう、

私達は夢見る中学生・小学生に戻っているのです。

それにしても、現役時代よりも絶対数段グレードアップしている歌と踊り、

そして美しい姿(誰がなんと言っても、今の方が絶対美しいです)

 

ピンクレディーのミーちゃんケイちゃんから

この2年間にもらったたくさんの宝物を、ステージが終わる頃には、

私は胸のなかの大切な大切な宝箱にしまい、

そしてしっかりと鍵をかけたのでした、

と書いている今でもああ、涙腺が・・・

 

最後に2年間の夢をありがとう。

お二人からはいつもパワーと、

”ピンクレディー”に対する愛情を感じ、

そしてそのプロ根性

「あの頃よりもっとグレードアップしたものを魅せる!

それができなければやらない!」

という気迫を感じ、

コンサートの帰り道はいつも元気になりました。

 

過酷なコンサートツアー、「もっと続けて!」と思うけど、

でもそれは言えません。

 

ミーちゃんケイちゃんの美しさに、

半分でもいいから近づけるように私も頑張ろーっと。

30代、40代、50代の悩めるサラリーマンへ

30代〜50代の悩めるサラリーマンの方へ。

約20年の会社員生活を経て、

あと20年(25年)働くなら自分らしい働き方で働こう!

と会社を辞め、FP資格取得。

 

これからは会社に依存しない、

精神的にも経済的にも自立した「自立型のライフプラン」

が必要との結論に至りました。

 

「日記を人様に公開するなんて...とんでもない」と、

ブログ開設には至っていなかった私が、

ひょんなことから開設することに。

 

独立FPの舞台裏のドタバタ劇となるやら、

それとも横道にそれ放題か...?

Profile
  • ライブドアブログ